小さいころからの私のコンプレックスは鼻下にヒゲが生えていたこと

私が人よりも毛が濃いと意識し始めたのは小学校3年生くらいの時でした。

私は幼稚園の頃から眉毛がどっしりとしていて太く、その時はまだ毛が濃いということがわかっていなかったので気にしていませんでしたが、3年生くらいになるとみんなに比べて眉毛が濃いということもわかってきました。

それ以来、過去の眉毛の目立つ写真は処分したいほど嫌いになり、おでこを出すことをやめて常に前髪を作って眉毛を隠すようになりました。

大人になって眉毛の整え方も勉強しましたが、毛が太く濃いのでどうしても剃ったり抜いても眉毛のりりしさが目立ってしまい結局それから一度も眉毛を人前で出したことはありません。

もちろん、同じころから手足や顔のムダ毛も気にするようになり、人より濃く生えている毛がどうしても恥ずかしくて体育の時間に半パン、半袖を着るのも嫌でした。

親に相談してもまだ小学校低学年で処理しない方がいい、気にしすぎだといわれ恥ずかしいと思いながらもどうすることもできずに生活していました。

4年生くらいの時に凄くショックな出来事がありました。クラスの男友達と話していたらその子がふと、「お前、ひげはえてるぞ」と私に言ってきたのです。

どうやら私の鼻の下の産毛の事を言ってきたようです。彼に悪気は無いようで、本当に自然と疑問に思って言ってきたようでしたがそれがまた素直な感想だと思うと恥ずかしくて本当に嫌な思いをしました。

それから母に相談してムダ毛処理の仕方を教えてもらい電気シェーバーで顔の産毛も処理するようになりました。

中学生になってインターネットなどで自由に調べることができるようになってからは自分でもムダ毛について調べ、カミソリで処理して保湿などをして肌のケアもするようになりました。

しかし、今まで自己処理してきて、毛が濃い分処理のペースも頻繁になってしまうので肌に負担がかかるのか埋没毛や肌荒れに悩むこともあります。そのため将来的には永久脱毛をしたいというのが今の私の思いです。

立川全身脱毛TA | 20代女子大生が体験!痛くないおすすめサロン