なんだかんだ言って、やっぱり毛深いって損ですよね?

父親と母親はそれほど毛深くなく、母親や姉はこれと言ってムダ毛に関する悩みもないようですが、私だけ剛毛で毛深いおじいちゃんに似てしまったようで、小さい頃から腕や脚のうぶ毛が動物みたいにふさふさとした子供でした。

吉祥寺全身脱毛KJ|30代女子がオススメ!初めてサロン通うならココ

幼稚園児の頃はさすがに気になりませんでしたが、小学校の4年か5年、高学年に差し掛かる頃にはムダ毛が徐々に濃くなってきていて、その頃からずっとムダ毛に悩まされていました。

しかし、母親にも恥ずかしくて相談できず、内緒でひとりカミソリを使ってムダ毛を処理していました。中学生に上がる頃、クラスメイトに毛深い事がバレるのが嫌で母親に悩みを打ち明けて、一万円近くもする電動タイプのムダ毛用シェーバーを買ってもらいました。

これでムダ毛の悩みも解決すると思ったのもつかの間、電動タイプであるがゆえに使う時の動作音がかなり大きくて夜に使おうとしても思うように処理できず、結局しばらくして使わなくなってしまいました。

仕方なく一本ずつ面倒ですが毛抜きを使ってワキのムダ毛を処理する事にして、痛い思いをして何時間もかかってせっかく処理したのにムダ毛が次に生えてきた時に黒い毛先がブツブツと目立ってしまい、労力と仕上がりが一致しないあまりの汚さに絶句しました。

シェーバーも毛抜きもダメだったので藁にもすがる思いで除毛クリームも使ってみましたが、肌はピリピリと刺激があるのにも関わらず、剛毛すぎたのかムダ毛に対しては全く効果がなく、塗ったのか塗ってないのかほとんど分からない程度にしか効きませんでした。

本当は脱毛サロンや美容外科のクリニックでキレイにムダ毛を脱毛したいのですが、ムダ毛の処理のために何万円もかけられないので今は結局昔ながらのT字のカミソリを使ってお風呂の時間にムダ毛を処理しています。

ムダ毛のせいで着たい洋服もろくに着ることができず、いつも薄着の季節がやって来るとムダ毛さえなければ…と思ってしまいます。

膝下のムダ毛が、すんごく濃かったので脱毛して対処しました

私は膝下のムダ毛が濃いことがとてもコンプレックスでした。

最初はそこまで濃くはなかったんです。ただ、15歳くらいの時になんだか少し膝下のムダ毛が濃くなってきたかな、と思った時があり、軽い気持ちでカミソリで処理をしていました。

一度処理をしてしまうと、また生えてきた時にそのムダ毛が気になってしまって、それからコンスタントに剃るようになっていったと思います。

処理をするようになってからというもの、なんとなくどんどんムダ毛が濃くなっていくような気がしました。

太くて立派なムダ毛になってしまい、生えてくる時にストッキングに引っかかってしまう時もありました。

そうなってしまってから、かなり膝下のムダ毛の存在がコンプレックスになってしまいました。

社会人になってしばらくしてから、膝下のムダ毛を脱毛することにしました。

自分で処理することに限界を感じたからです。

毎回カミソリで剃っても一向にムダ毛がなくなることはないし、だんだんと色素沈着を起こしてきて、見た目的にもあまり綺麗な膝下とは言えなくなってきてしまったからです。

脱毛サロンで膝下のムダ毛を処理してもらってからは、膝下の色素沈着もそれほど気にならなくなりました。

自分で処理しないことがこんなにお肌に良いことだとは思ってもみませんでした。

膝下のムダ毛がなくなったことにより、コンプレックスが少なくなったのでスカートをはくことに全く抵抗がなくなりました。

それは私にとってはとても大きい出来事です。

また、コンスタントに自己処理をしなくて良くなったというのもすごく大きなメリットでした。

膝下のムダ毛を脱毛してから今のところ一度も自己処理をしていません。

すごく綺麗な状態が保たれているので、満足しています。

以前はムダ毛の処理に追われたり、お肌のケアにも十分に気を使わなければならなかったのですが、今は全く何もしていません。

脱毛したことによって精神的にもすごく楽な状態になったと思います。

長崎全身脱毛VIP|30代主婦が超おすすめ!安い&人気ベスト5

体毛がない綺麗な肌になり、自信アップしたので積極的になったお

1.体毛が気になり始めた時期

私が体毛を気にし始めたのは、中学生の頃です。

体育の授業中で、半袖の体操服を着ることがありました。その時に、ふと周りの女の子の腕を見てみると白い腕に薄くて細い体毛が生えていました。

その直後に私の腕を見ると、髪の毛のようにしっかりとした毛がたくさん生えていて「恥ずかしい」と思うようになったのが、きっかけです。

新宿VIO脱毛DZ | 30代主婦が効果で選ぶ!医療クリニック6選

2.体毛が濃くて困ったこと

やはり、毛がゴワゴワ生えていたので、どうしても「女性らしさ」が軽減してしまいました。

私の肌は人よりも弱く、色素が薄いためよく体毛が目立ちました。

ある時、重い荷物を持とうとした時に不意に腕まくりをしたことがあります。もちろん、体毛のお手入れはしていましたが、それでも追いつかないことがよくありました。私の腕を間近で見た男性に、ドン引きされ気まずい雰囲気になり、逃げ出したくなりました。

他にも、体毛の処理をしすぎて肌へのダメージが残ってしまいました。

当時はお金もあまりなくて生えるスピードも、早かったのでカミソリや毛抜きで処理をしていたのですが、次第にカミソリ負けをしたりプチプチしたあとが残ってしまいました。

3.体毛が濃い私の失敗談から学んだ処理法

私は、肌への負担を考えて脱毛サロンに通うことにしました。

これ以上続けてしまうと、あとが消えなくなると言われるほどまでだったからです。

そして、インターネットで様々な脱毛サロンのサイトを比較し手頃な価格で人気のあるサロンを見つけました。

脱毛サロンだけでも、かなり効果がありましたがやはり私の体毛の濃さだと追いつきませんでした。

一般的にほとんどの人の体毛が激減する回数までやりましたが、それ以上は時間的にも、経済的にも難しくなり家庭用脱毛器を利用し自分のペースでやることにしました。

4.すべすべ肌の私

今では、全く家庭用脱毛器を使用する必要がないくらいになりました。

不意な腕まくりも出来ますし、以前よりも露出の多い服にも意欲的にチャレンジできるようになりました。